blog

京都で桜の前撮りをお考えの方へ。白無垢と桜の相性は

もうすぐ春ですね。今週はまた寒の戻りなのか、非常に寒い日が続きますね。
この寒さを越えたら、いよいよ春が訪れそうな予感がして、今からとても楽しみです。
寒さも暫くだけの我慢ですね!

さて、先日ですがお客さまからこの様なご質問を頂戴致しました。
「白無垢で前撮りをしたいのですが、桜の前に立つと同じ色になって映えないですか?」
確かに白無垢と桜は同色になりますので気になるところではありますよね。
それでは実際に過去に撮影させていただきましたお二人の写真をご紹介致します。

竹林と和装は和装前撮りの極みですね

【竹林と和装は和装前撮りの極みですね】

年中緑で美しい場所でもありますし、日本らしさ、和を感じることができるロケーションなので人気なのでしょうね。
それでも私が思っていたよりも竹林の人気がかなり高いことに驚いております。
白無垢と竹林の緑の相性は問題ないですね。不動の組み合わせかと思います。

ピンクの色掛下もございます

【ピンクの色掛下もございます】

通常の白無垢なら全身真っ白になるのがセオリーなのですが、
今回の新婦さまはピンク色の部分が見えますよね?このピンクの部分を「色掛下(いろかけした)」といいます。
本来ならばここも白なのですが、白無垢の下にピンクの掛下を着るだけで、春らしい雰囲気がでます。
そして白無垢よりも少し柔らかく、ちょっとオシャレな着こなしができるのもメリット。
色掛下は税抜10,000円でご利用可能ですので、気になった方はぜひ。

さてここからが桜の白無垢のお話です。
日本の花と日本の和装は映えます!

【日本の花と日本の和装は映えます!】

日本を代表する花の桜と、日本の婚礼和装。
交わらないわけがないですよね。同色でも全く問題ないです。
むしろ、より美しく白無垢が映えていると思うのは私だけでしょうか?

春のご予約まだ間に合います

【春のご予約まだ間に合います】

秋と並んで大人気の春の京都和装ローション前撮り。
すでに沢山のご予約をいただいてはおりますが、まだ空きも若干ではございますがあります。
日々お問い合わせが増えていっておりますので、京都で春に前撮りをお考えの方はお早めにご連絡くださいね。

ご相談・ご予約をする